不動産投資とは

不動産投資に類似するものは

不動産投資とは、大きく分けて2種類あります。
一つ目が不動産を購入しその不動産を第三者に賃貸をして毎月の家賃を収入とするパターンです。
もう一つ目が、不動産を第三者に売却してその不動産の購入時と売却時の価格差を収入とするものです。
では、不動産投資と類似の投資はどのようなものがあるでしょうか。
類似の投資としては株式投資があります。
株式投資とは、上場企業の株式を購入し、株価が上昇するときに売却することでその差額を利益とするものです。
不動産投資にしても、この株式投資にしても共通点は初期費用が必要なことと、失敗の可能性もあるということです。
では不動産投資と株式投資の相違点は、不動産投資は数百万円や数千万円をはるかに超える取引であり、不動産の性質上失敗をしても大暴落をすることはまず考えられません。
一方株式投資は初期投資は数万円数十万円から可能ですが買う株を間違えればただの紙くずになってしまう点です。

失敗をせずに投資額を回収するには

不動産投資は失敗がつきものです。
ほぼ誰もが失敗はしたくないですが、どうしても一定数は失敗をしてしまうゼロサムゲームでもあります。
特に不動産投資の場合は初期の投資額が高額ですので、あまり安易に手出しをしないほうがいいのですが、うまくいけば不労所得してしっかりとした収入源になります。
最近の傾向では、単に不動産を購入してそれを売却したり賃貸にしたりするのは難しいと言われています。
その理由は、少子化と高齢化の影響で一部の地域を除けば不動産はあまっているからです。
この国全体で見ると賃貸マンションやアパートの空室率は25パーセント程と言われています。
これはどこもかしこも平均的に空家があるのではなく、人気のない物件はさっぱり人気がなくて人気があるところは常に満室なのです。
人気のないところでもリノベーションをすることで一気に価値を上げることができ、満室にすることも可能となります。