不動産の旨味

低金利での融資をしてもらう

現在フリーローンを利用していて、金利は消費者金融系のカードローンだると18%が上限金利となっています。
そこで、土地や一戸建て、マンションといった不動産を所有しているのであれば、その資産を活用して不動産担保ローンに切り替えたほうがメリットが大きいです。
不動産担保ローンの特徴ですが、大きい限度額と低い金利にあります。
担保として土地や建物に設定します。
フリーローンの高い金利で高い利息を払っているのであれば、不動産担保ローンにしたほうが将来の利息も軽減できて、長期間低金利で利用をすることができます。
せっかく資産をもっているのにもかかわらず、何もしないでいると宝のもちぐされとなりますので資産は有効活用します。

事業資金を不動産担保で

個人や法人問わず、事業資金は常に必要になるお金です。
事業資金を銀行や消費者金融のカードローンでとなると、金利が高いのでそれだけで収支を圧迫してしまいます。
そこで利用したいのが不動産担保ローンです。
土地や建物を担保に設定することで、より大きい限度額と低い金利で事業資金融資を受けることができます。
また、複数の金融機関から借入があって毎月の給料のほとんどが返済に充てていて生活費を圧迫している方でも、不動産担保ローンに切り替えることで複数の借金をまとめることができます。
不動産担保と借り換えやおまとめといった利用者側にメリットがある借入は総量規制対象外となりますので、年収3分の1以上の借り入れも可能なのです。